高血圧にならないためには、睡眠をしっかり取り血管を休ませる

◇高齢者の多くが降圧剤を飲まざるをえなくなっている

また、加齢変化を無視して高血圧症の診断が下されているのも問題です。

そもそも加齢による血圧の上昇は、昔から知られる生理現象の一つであり、かつては「年齢プラス90」が正常血圧の上限とされていました。その加齢的変化への配慮を失ったことが、高齢者の多くが降圧剤を飲まざるをえないという異常事態を生み出してもいるわけです。

そこには、「高血圧が動脈硬化の原因になる」という大義名分もあるようですが、実はその認識自体が間違っています。

加齢による血圧の上昇は、老化とともにかたくなる血管組織に対抗し、血流を確保するための反応です。血圧が高くても低くても、その人なりに良好な血流を維持し、血色のよい状態を保っていけば、動脈硬化も生理的な範囲で終わるはずです。

それを、現代人は高血圧を一方的に悪者扱いし、降圧剤の服用で血流を悪化させるから、事態がややこしくなっているのです。近年急増している脳梗塞も、老人性うつ病や認知症も、降圧剤の乱用なしに表面化することは、なかったと思います。

一方、コレステロール低下薬の需要をふやしたのも、「高コレステロール血痕が動脈硬化を促進し、心筋梗塞や狭心症の引き金になる」と恐れた結果といえるでしょう。

 

 

しかし、動脈硬化は、そもそもコレステロールの過剰摂取に始まるものです。高コレステロール食で巨大肥満になりやすいアメリカ白人には、確かに懸念すべき病態といえますが、食生活の異なる日本人には当てはまりません。

日本人のコレステロール上昇の原因は、多忙な生活にあります。

コレステロールは、細胞膜やホルモンなどの原料です。多忙な生活を乗り切るには、副腎皮質ホルモンや男性ホルモン、女性ホルモンなど、体を丈夫にして活発にする物質が大量に必要です。そのため、血液中にコレステロールがふえるのです。

とはいえ、人間の能力にも限界があります。いつまでたっても忙しさから抜け出せないと、いずれ破綻を招きます。

その際、コレステロールが高い人は、心臓病を発症しやすい事実もありますが、それは体の失敗ではなく、生き方あるいは食べ方の失敗で引き起された障害なのです。

その過程では、必ず体調も悪化しているはずです。例えば、頭痛や肩こりなど、なにかしら不快な症状が出て、顔色も悪くなります。そのようなサインに気づかず、病気に移行してしまう原因も、過酷な生き方にあるのです。

では、どうやって過酷な生き方から脱却していけばいいのでしょうか。

基本は、睡眠をしっかり取ることです。睡眠中は血圧も極端に下がります。つまり、「血圧を最大限に上げて、がんばらざるをえない時間」を、睡眠時間に代え、血管をじゆうぶんに休ませてあげればよいのです。

1日でバランスを取るのが難しければ、1週間あるいは1カ月単位で、血圧が下がる時間を多めに作りましょう。

→性格や活動量によって血圧の正常レベルが違う

 

 

性格や活動量によって血圧の正常レベルが違う

◇基準値で管理すること自体に無理がある

2014年春、日本人間ドック学会から、血圧、コレステロールの新基準値案が発表されました。

血圧の新基準値は、最大血圧88~147mmHgで、最小血圧が51~94mmHg。

さらに、これまで199mg/dlだった総コレステロール値の上限は、男性254mg/dl、女性280mg/dl、119mg/dlだったLDLコレステロールの上限も男性178mg/dl、女性190mg/dlへと引き上げられて、この基準値が適用されれば、高血圧症患者も高脂血症患者も大幅に減少するでしょう。

従来の基準値に比べ、新基準値は、より真実に近い数値といえます。しかし、新基準値が適用されれば、だれもが過剰な医療に飲み込まれず、一生安心して暮らせるかというと、そう簡単な話ではありません。

そもそも血圧やコレステロールの正常レベルは、各人の性格や生き方によって異なるもの。つまり、平均値に基づく基準値で管理すること自体に、無理があるのです。

例えば、性格が穏やかで、活動量の少ない生き方をしている人は、ゆっくりの血流でエネルギー代謝をおさえ、健康を維持しています。血圧を上げる必要がないため、自律神経も副交感神経優位でバランスを取っています。

 

 

そのバランスを乱すのが、ストレスです。120mmHgで快適だった人の血圧が、ストレスによる交感神経の緊張で150mmHg近くに跳ね上がれば、当然、体調も乱れるでしょう。

しかし、その変動が基準値内で起こっている場合、「範囲内だから大丈夫」と思い込み、健康を回復するチャンスを逃すことになりかねない、という矛盾が生じます。

これに対し、バリバリと仕事をして顔色のいい人は、エネルギーもたくさん必要です。エネルギーを効率よく産出するには酸素が不可欠なので、体は交感神経を優位にし、血圧を上げて血液の流れを活性化させているわけです。

このとき、ギリギリのレベルで健康を維持している人は、血圧も160~170mmHg、もしくはそれ以上に上がります。しかし、基準値を超えたからといって無理に血圧を下げたら、体は瞬く間に血流不足に陥り、健康状態も悪化します。

→高血圧にならないためには、睡眠をしっかり取り血管を休ませる

 

 

ふくらはぎの冷えを改善することで足がむくまなくなり、ふくらはぎも細くなっていく

◇冷えを放置するとセルライトができる!

ふくらはぎが太いことで悩む女性が、けっこういらっしやいます。そういったかたは見た目を気にするあまり、いつもズボンをはいて足を隠していることが多いようです。

では、ふくらはぎを細くし、美しくすることは可能でしょうか。答えは、「イエス」です。

ふくらはぎが太くなる原因の一つに、冷えがあります。実際、ふくらはぎを細くしたいと、美容クリニックに来られる女性の多くが、冷え症なのです。

人間の平熱は、36度台といわれています。しかし、最近では、平熱よ叶も0・5~1度低い、低体温のかたが非常にふえているのです。体温が1度下がると、免疫力は30%以上、基礎代謝も10~15%落ちると考えられています。

そのため、低体温のかたが、標準体温のかたと同じカロリーを消費しようとしたら、より多くの運動量をこなさなくてはならないのです。

 

 

また、体が冷えていると、血液やリンパの流れが滞りやすくなります。それが最も起こりやすいのが、ふくらはぎなのです。

ふくらはぎは「第二の心臓」といわれるように、とても大切な働きをします。血液は、心臓がポンプの役目をして全身に送り出されます。そして、下半身の血液を、重力に逆らって心臓に戻す働きを担っているのが、ふくらはぎです。

ところが、ふくらはぎが冷えると、そのポンプ作用がスムーズに働かなくなり、血液やリンパの流れが悪くなります。すると、代謝しきれなかった脂肪や老廃物がふくらはぎにたまって、足が太くなっていくのです。

この状態を放置していると、脂肪や老廃物がセルライトに変わっていきます。セルライトができると、血液やリンパの流れがより一層滞ってきます。そして、さらに足がむくんできて、脂肪や老廃物がたまるという悪循環に陥ってしまうのです。

ひとたびセルライトができると、大変厄介です。美容クリニックを受診したりしないかぎり、なかなか解消できないのです。

ちなみに、美容クリニックでは、血流に沿って衝撃波を当てたり、脂肪溶解注射などをしたりして、セルライトを除去します。

 

 

そうなる前に、セルライトができてしまう悪循環を断ち切ることが大切です。

それには、ふくらはぎの冷えを改善することがとても重要なのです。冷えを取る最善策は、やはり、ふくらはぎをじっくりと温めることです。

生活習慣が欧米化し、湯ぶねに人らずシャワーだけで済ませる人が多く、美容クリニックの先生はそれが冷えを招く一因だと思っています。

そこで、半身浴をして、しつかりと冷えを取ることをお勧めします。半身浴のやり方は、以下のとおりです。

39~40度のお湯を、腰の少し上くらいまで入れます。それに20~30分ほどじっくりつかってください。その際、のぼせないように注意しましょう。

さらに、血液やリンパの流れを促すために、半身浴中に、ふくらはぎをマッサージするのもお勧めです。

マッサージは、血液やリンパの流れに沿って行います。ふくらはぎは、下から上に向かってマッサージし、老廃物を最終的にひざの裏に流すように行ってください。なぜなら、ひざの裏には、リンパの排出口があるからです。

 

 

また、ふくらはぎだけでなく、太ももを下から上にマッサージすると、さらに効果的です。最終的に、老廃物を足のつけ根のそけい部に流すようにマッサージします。

こうして、足の冷えを取り、マッサージを続けていくと、かたかった筋肉がだんだんやわらかくなってきます。

これは、血液やリンパの流れが改善され、老廃物などがうまく排出されるようになった証拠です。それとともに、足がむくまなくなり、ふくらはぎも細くなっていくでしょう。

ふくらはぎが細くなるだけではありません。冷えが取れると、全身の代謝もアップするので、肌は血色もよくなって、きれいになっていくはずです。

冷えをなくすには、食生活も大切です。暑い日でも、温かいものを体に取り入れ、冷房による冷えを克服してください。