カテゴリー別アーカイブ: 美容健康

痛みがひどかった変形性膝関節症がふくらはぎ押しで大改善

湿布も電気治療も効かなかったのがふくらはぎ押しでよくなった沖縄県 54歳 主婦の方の体験談です。

◇階段も普通に上り下りできる!

2年ほど前から、左ひざの前内側が痛むようになりました。最初は「痛いな」程度だったのですが、日を追うごとに痛みがどんどん強くなったのです。

最初に行った病院では、いろいろ検査して、湿布をはっただけ。次の病院では、変形性膝関節症と診断され、電気治療やヒアルロン酸注射をしました。それでもひざは、よくなる気配が全くなし。痛みはひどくなるばかりでした。月日がたつにつれ、ひざを曲げられる角度が小さくなり、少しでも曲げると、強烈に痛むようになったのです。

階段も、一段一段、両足を一度そろえなければ、上り下りできません。歩くときも痛むようになりました。正座は全くできず、いすに座るのも、痛みをこらえながらやっとの状態でした。

宮城正照先生(宮城歯科クリニック院長)に出会ったのは、ひざが痛み始めて半年たったころです。今思うと、ほんとうに幸運でした。

先生に初めて、ふくらはぎを押してもらったときは、あまりの痛さに悶絶しました。ぐりぐりともむのではなく、指や手の腹で押すだけですが、それほど力を入れていないのに、とても痛いのです。それだけ、ふくらはぎがかたくなっていたのでしょう。

 

 

家でも、ふくらはぎをもむようにしました。最近は、寝る前に10分ほど左右のふくらはぎ押しをしています。

すると2カ月後くらいから、薄紙をはぐように痛みが楽になったのです。いすに座るのも、階段の上り下りも、以前よりずっと楽になりました。

3カ月もすると、ひざを曲げられるようになり、階段も一歩ずつ上り下りできるようになりました。4カ月後には、普通に階段を上り下りできました。このころから、曲げられるひざの角度が大きくなりました。正座も、手で体を支えながら、かかとが太ももの裏側につけられるようになったのです。

さらに1カ月後には、普通に正座できるようになり、現在は体重をかけて正座をしても、15~20分は座っていられます。

◇宮城歯科クリニック院長 宮城正照先生の解説

ふくらはぎがかたいと、足のバネがききません。すると、衝撃がそのままひざや腰に伝わり、痛みの原因となります。

痛みがひどいほど、ふくらはぎはかたくなっています。ふくらはぎを押して、元の状態に戻すには時間がかかります。しかし、根気よく続ければ、しだいにやわらかくなり、バネが元に戻ってひざの痛みも和らいでくるのです。

 

 

ふくらはぎをハンマーでたたいたら4kgやせひざ痛が解消

沖縄県 48歳 会社員 男性の方の体験談です。

◇力を入れることなく楽に刺激できる!

私がふくらはぎを刺激してみようと思ったのは、今年の初めにある健康雑誌の新聞広告を見たことがきっかけでした。その号で大きく特集されていたのが、ふくらはぎでした。

ふくらはぎをもむことで、さまざまな効果があるというのです。

そこで、自分でも、ふくらはぎをもんでみることにしました。

ところが、これがなかなかうまくいきません。というのも、ふくらはぎを自分の手でもんでいると、すぐに疲れてしまうのです。

私は現在、48歳です。年のせいで、筋力がかなり落ちています。

ふくらはぎに、ある程度の刺激を与えるには、指にそれ相応の力を入れないといけません。

しかし、そうやってもんでいると、たちまち手が疲れてしまうのです。これでは、とても続けられないなと思いました。

 

 

そこで、私は代案を思いつきました。木製のハンマーでふくらはぎをたたいたらどうだろう、というものです。

近所で探すと、全長28cmほどの木製ハンマーが400円で売られていたので、それを買ってきました。このハンマーを使って、ふくらはぎをたたいてみることにしました。

やってみると、非常に具合がよいのです。力を入れる必要がなく、指も、腕も疲れません。ハンマー自体の重さで、適度な刺激を与えられます。これなら続けられそうだと思いました。

それからは、このハンマーでふくらはぎを刺激するようになりました。

私はハンマーによるふくらはぎたたきを、ソファに座り、テレビを見ながら行っています。テレビを見ている時間が長いので、それだけ長く、ふくらはぎをハンマーでたたいていることになります。

たたく場所は、ふくらはぎの内側や外側、ひざの周辺などです。1日で、全体を50回くらいはたたいていると思います。

 

 

◇慢性的な運動不足による不調が改善

こうしてハンマーでふくらはぎをたたき始めてから、体にいくつかの変化が現れました。

まず、体の調子が全体的に改善してきたのです。

以前は、運動不足の解消のため、散歩していましたが、最近はほとんど散歩していません。このため、慢性的な運動不足が続いていました。運動の機会がないので、足の血流も悪くなっていたにちがいありません。

また、私は、しばらく前から、ひざ痛に悩まされていました。

悪いのは右ひざだけで、左はなんともありません。痛みも激痛というわけではなく、正座もいちおうできる状態でした。

ですから、それほどひどくはありませんでしたが、大変不快だったのです。

去年は、ひざにいいとされるグルコサミンを飲んでみました。しかし、これといった効果を感じなかったため、飲むのをやめました。

 

 

それが、ハンマーでふくらはぎをたたくようになってからは、少しずつ血流が改善されてきたように思います。

ふくらはぎの血流がよくなれば、全身の血流もよくなりますから、それによって、体調が上向いてきたのでしょう。

不快感のあったひざも、痛みが軽減してきたのです。今では、ほとんど痛みがなくなり、ほんとうに助かっています。

さらに、69kgあった体重が、ここ数か月で65kgになりました。

ほかにはなにもしていないので、これもふくらはぎをたたいた成果なのでしょう。

いずれにしても、ふくらはぎたたきは、さまざまな健康効果をもたらす、優れた健康法といえそです。特に力のない方には、ハンマーによるふくらはぎ刺激を、ぜひお勧めしたいと思います。

◇タオ整骨院代表 丸山眞砂男先生の解説

ふくらはぎをハンマーでたたくと、ミルキングアクション(筋肉の乳しぼり効果)が活発になり、ひざ関節周辺の血流が促されます。それによって、組織の修復が促され、痛みが軽減してきたのでしょう。また、全身の血液循環や代謝がよくなったため、ダイエットにも効果が期待できるのです。

ふくらはぎマッサージには、さまざまな技法があります。その一つが「叩打法(こうだほう)」で、患部をリズミカルにたたいて刺激する方法です。この方は、これに近いやり方を実践されています。

ただ、筋肉を痛めないように、注意してください。自分でもむのが負担になる場合、下から上へとふくらはぎをさすり上げるのも、お勧めです。

 

 

「ペポカボチャ種子エキス」のおかげでトイレをほとんど意識せずに行動できる

◇我が家のペットも尿トラブルを回避できた

ペポカボチャ種子エキスの作用機序としては、以下のことが予想されます。

①骨盤底筋の筋力を強化し、尿道の締まりをよくする。

②血行を促進することで、膀胱の働きを正常化する。

③膀胱の炎症を抑える。

これら三つの作用によって、尿トラブルが改善すると考えられています。

作用はペポカボチャの果肉ではなく、種子にのみあります。しかも、効果が期待できるのはペポカボチャの種子だけです。

日本でペポカボチャを手に入れるのは難しいのですが、幸いサプリメントが簡単に人手できます。種子から有効成分だけを抽出したサプリメントなら、効率的に有効成分を取ることができるでしょう。

 

 

実は、現在56歳のジャーナリスト、加藤和子さんも、尿意切迫感を持つ一人でした。自宅を出る前にトイレ、駅でトイレ、下車したらすぐにトイレ、現地でトイレという感じで、常にトイレを探していました。

しかし、ペポカポチヤ種子エキスを飲み始めてからは、トイレをほとんど意識せずに行動できるので、本当に助かっています。

加藤さんの16歳になる犬にも飲ませてみました。16歳といえば、人間でいえば80歳くらいです。そのため、ポタポタリと床におしっこを垂らして歩くようになっていました。

そこでペポカボチャ種子エキスのサプリメントを1日1粒、エサに混ぜて食べさせたところ、2~3日でポタポタが止まりました。1年近くたった今も、おかげで紙パンツの必要もありません。

よいものに出合えば、生活の質を下げることなく快適に暮らしていくことができることを実感しています。

◇ドクター マリアン・ベルブルゲンさんの解説

ペポカボチャは多くの研究機関で研究されています。最近では、種子に含まれる親水性成分「リグナン」に薬理活性があることがわかりました。

リグナンは、女性ホルモンのエストロゲンと同様の働きをする植物エストロゲンの一種です。このリグナンが作用することで、ホルモンバランスが整えられます。

同時に、アロマターゼという酵素(代謝促進物質)を阻害して、テストステロンの分泌を高めます。テストステロンは男性ホルモンの一種で、筋肉機能の改善や、筋肉を形成するときに必要です。これらの作用で、膀胱周辺の筋肉や、骨盤底筋の機能が強化され、排尿の調節機能が改善されるのです。

→尿トラブルの対処法として「ペポカボチャ種子エキス」のサプリメントが注目を集めています