カテゴリー別アーカイブ: ゆがみ

脊柱管狭窄症や座骨神経痛に「すねつかみ」はよく効きます

「すねつかみ」とは、すねの筋肉をつかんで緩めることで、筋肉や骨格のバランスを整えるというものです。2足歩行をする人間は、体のゆがみが全身を支える足に現れます。特に、バランスをくずしている人の多くは、すねの筋肉に負荷がかかり、硬くなっています。

そこで、すねの筋肉を緩めてやれば、足の筋肉や骨格のバランスが整い、腰なども含め、全身のゆがみが整ってくると考えられます。

呼吸塾代表の大橋健夫先生の姉は、このすねつかみで重症の座骨神経痛を克服しました。その例をお話ししましょう。

姉は、60代から足腰に痛みがあり、電話口でいつもそのつらさを訴えていました。姉に会ったときは、しびれて痛む左足をひきずり、つえにすがるような状態でした。

大橋先生はなんとかしてやりたいと思い、すぐにすねつかみを教えました。姉は、すねつかみをやると足腰が楽になるので、数カ月問、暇さえあれば一生懸命やったそうです。そして、続けるほどに、足腰の痛みや、左足のしびれが軽減し、普通に生活できるようになったのです。

脊柱管狭窄症と座骨神経痛で半年以上苦しんでいたTさん(40代・男性)も、「すねつかみ」で痛みが緩和した1人です。

Tさんは右ふくらはぎの痛みが強く、電車で立っているのもつらい状態でした。マッサージも鍼も効果がなく、湿布薬だけが頼りだったそうです。

そんなTさんから相談を受けて「すねつかみ」を教えたところ、1カ月で痛みが取れ、湿布薬を外せるようになりました。長く立ったり歩いたりしても、痛みを感じなくなったそうです。

脊柱管狭窄症や座骨神経痛は、体のゆがみに起因しています。そういう痛みに、「すねつかみ」はよく効きます。最初は硬くて、うまくつかめない人が大半でしょう。私もそうでした。しかし、続けるうちにだんだんすねの筋肉がやわらかくなり、つかんで上に引っ張れるようになります。

「すねつかみ」をすると、足の張りやむくみも取れてきますから、足がむくみやすい人、疲れやすい人にもお勧めします。すねの筋肉が硬いと、腰痛だけでなく、転倒やねんざ、骨折など、事故のもとになります。ですから腰痛がなくても、すねつかみをして、すねをやわらかくしておくといいでしょう。

「脳のゆがみ」を正すことこそ若返りの近道

「最近、ものの名前がスムーズに出なくなった」「会話をしても『あれ』『それ』ばかり」「今さら新しいことをする気になれない」

中高年になると、誰でもそんな悩みを持つものです。そして、それを「加齢による脳の衰え」のせいにして、年だからもうしかたない、とあきらめてしまう人も少なくありません。

しかし、ちょっと待っていただきたい。脳の衰えは年のせいではありません。脳には中年以降も成長し続ける部分や、まだ使われていない部分、むしろ高齢にならなければ使いこなせない部分がたくさんあるのです。

医師・医学博士の加藤俊徳先生は「脳のゆがみ」を正すことこそ、若返りの近道だと思います。もちろん、脳のゆがみといっても、脳そのものがゆがむ、ということではありません。脳の「使い方」に偏りが起こり、それが脳全体の衰えとなって、冒頭のような症状となって現れてくるのです。

せっかく脳細胞のほうで、「もっと使ってほしい」「もっとつながりたい」「もっと鍛えてほしい」と待ち構えているのに、あなたのほうで「いや、年だから」と、勝手にブレーキをかけている状態です。

まずは固定観念を捨てましょう。「脳が本格的に成長するのは中高年から!」くらいの考えでちょうどよいと思います。

 

「足のゆがみ」を踏ん張りカをつけて治す

外反母趾や浮き指などの足のゆがみは、成人女性の約80%、小中学生の約60%に見られます。また、最近は男性にも増えています。こうした足のゆがみが増えている最も大きな原因は、足裏への刺激不足による足底反射障害です。

健康な足は、足指がしっかりと地面をつかむように踏ん張り、足裏のアーチもしっかりと備わっでいます。そのため、足裏の免震機能(クッション作用)が働き、歩く度に発生する地面からの過剰な衝撃とねじれを吸収無害化して、体に伝えないように防ぎます。

ところが、現代人は、足裏への刺激不足から足底反射が起こらず、足持が浮き、アーチも消失傾向にあるのです。そのため足裏の免震機能が低下し、過剰な衝撃とねじれを体の上部にぐり返し伝えてしまうのです。

一般的に、筋肉が多い男性は腰で補い腰痛を起こしやすく、筋肉の少ない女性は首で補い、首こりや肩こりを起こしやすいのです。

足裏のゆがみは、左右が同じようには起こらないため、必ず重心のかかと寄りと、その左右差を伴います。そのため、骨盤のゆがみや背骨・首・あごなどのゆがみや顔面の左右差などが起こり、さらにバランスが悪くなります。特に、首を痛めると、首に集中する自律神経(内臓や血管の働きを調整する神経)の誤作動が起こり、前述したような症状が起こるのです。

また、指が踏ん張れず、足先が外方向へ流れると、「ねじれ歩行」となり、足首のゆるみや痛み、0脚、股関節の痛みなども起こります。

これらに対処するには、体の土台である足裏のバランスを整えることが最も重要です。そのために、ご自分で簡単にできる方法があります。

それは、①足裏爪刺激、②テーピング、③足の親指回し、の3つです。

足裏は、刺激を受けると踏ん張るという反射が備わっています。これは、裸足で歩いていて、危険な物を踏んだりして敦命的なケガをしないようにする体の本能です。そこで、足の裏を両手の爪を立てて刺激すると、反射がよみがえり、踏ん張り力がつくと共に、アーチの再生や強化を促すのに役立ちます。

とはいえ、現実に足底筋肉群が弱って踏ん張れない状態では、なかなかアーチの再生や強化は進みません。そこで、足裏のバランスを整えて、アーチを再生し、踏ん張りやすくしてやるのがテーピングです。面倒な人やうまくできない人には、テーピングと同じ効果をもつ3本指の靴下もあります。

さらに、親指の可動域を広げて、踏ん張れるようにするのが、足の親指回しです。いずれも簡単な方法ですが、外反母趾や浮き指の改善、ひいては足のゆがみから起こる全身のさまざまな症状の改善に大きな効果を発揮します。ぜひお試しください。