カテゴリー別アーカイブ: 血液をきれいに

白湯を飲んで消化力を高めれば、血管は健康を取り戻すことができる

◇胃腸が温まり血液を浄化する

インドの伝統医学アーユルヴェーダでは、血液の流れが悪くなるのは、体に「アーマ」がたまっているからだと考えます。

アーマとは、食べ物が消化しきれずにできる毒素、あるいは病気の元といい換えられます。

私たちが食べたものは、胃腸で消化されて腸壁から吸収され、毛細血管に入り、静脈を経て、肝臓に入って代謝されます。代謝による最初の産物が、血液中の液体成分である血しょうです。血しょうは、さまざまな組織の栄養になります。

ところが、じゅうぶんに代謝されない血しょうはアーマとなり、体に悪影響を及ぼします。

アーマは粘性が高いので、血管の内壁にこびりつき、血液の流れを妨げます。そのほか、組織のすきまにも入り込み、関節に尿酸をたまらせて痛風の原因にもなります。

だるい、疲れやすい、やる気が出ない、日中眠いなどの症状があったら、血液中にアーマがたまり始めている証拠です。アーマがふえることで起こる代表的な症状が、動脈硬化です。

アーマをなくすことが動脈硬化の予防となり、きれいな血管と血液を作る基本となります。

では、アーマをなくすには、どうしたらいいのでしょうか。

前述したように、アーマは未消化の食べ物です。ですから、胃腸の消化力を高めることが重要になります。

アーユルヴェーダでは、消化力のことを「アグニ」といいます。アグニの力を高めれば、血液がサラサラになり、病気の元凶も発生しません。

消化力を高めるために、お勧めしたいのが、白湯です。

白湯を飲むと、胃腸が温まると同時に、胃腸の中をきれいに掃除することができます。その結果、消化力が高まり、アーマが燃えて、血液も浄化されるのです。

白湯の基本的な飲み方を紹介しましょう。

まず、朝起きたら、コップに1杯の白湯を飲みます。すするように、少しずつ飲むようにしてください。

さらに、昼食と夕食をとる際にも、食事中に白湯を1杯ずつ飲みましょう。

動脈硬化が進んでいる人、つまりアーマがたまっている人の場合は、食間にも白湯を飲むようにしてください。20~30分おきに、1口ずつ飲むのをくり返すのです。

便秘の人は、白湯を飲むときに、レモン汁数滴と塩を1~2つまみ加えて飲めば、たちまち便通がよくなります。

ただし、胃潰瘍や胃炎などのある人には刺激が強いので、レモン汁と塩は避けてください。白湯だけでも、効果は望めます。

◇心臓の動脈の詰まりが90%↓30%に縮小

アーマの浄化を助けるために効果を発揮するのが、スパイスです。

クミン、コリアンダー、ジンジャーの粉末を、同量ずつ混ぜておきます。これを、昼食と夕食のあと、ティースプーンに1杯ずつ口に含みましょう。粉薬を飲むように、そのまま口に入れて、白湯で飲みます。胃腸の働きがよくなり、消化が進みます。ジンジャーの風味がきつく感じる人は、半分にへらしてもかまいません。

黒コショウの粉末もお勧めです。細い血管の血流が改善するので、脳梗塞や脳血管性の認知症の予防になります。スープや炒め物などに、こまめに使うといいでしょう。

ターメリックも血液を浄化し、脳の神経細胞の活性化に役立ちます。先に紹介した3種のスパイスにターメリックを加えるのもお勧めです。

血管にアーマがたまらないようにするには、消化の悪い食品を避けることも大事です。

消化の悪い食品の一例を挙げると、牛肉、魚、チーズ、ヨーグルト、イモ類、卵などです。しかし、これらの食品を全く食べないわけにはいきませんから、食べ方の工夫をしましょう。

私たちの体の消化力は、朝と夜が低く、昼が最も高くなります。ですから、朝はみそ汁やスープで済ませ、昼はご飯や肉、油物など重いものを食べ、夜は野菜中心にすればいいのです。

白湯飲みと、食事の工夫をすることで、重篤な症状が改善した例があります。

50代の男性Aさんは、心臓を取り囲む3本の冠動脈のうち、2本は90%、もう1本は50%が詰まっていました。手術を受けたくないということで、私のもとに見えました。

白湯飲みをはじめとした食事療法や生活改善を行ったところ、冠動脈の詰まっていた部分が、それぞれ90%から30%、50%から10%まで縮小したのです。その結果、手術をすることなく、体調も改善しました。しかも、5年前に起こした脳梗塞の跡まで、すっかり消えたのです。

よく「かたくなった血管は元に戻らない」「詰まった血管は蘇生しない」といいますが、そんなことはありません。人間の体は、回復する力を持っています。

白湯を飲んで消化力を高め、食べたものをすべて消化すれば、血管は健康を取り戻すことができます。

今からでも遅くありません。ぜひ今日から始めてください。

 

血液の主要成分が作られる骨髄

骨と血液には密接な関係があります。というのも、骨は血液の主要成分である赤血球や白血球、血小板の「製造工場」なのですから。

白くてかたい骨は、サラサラ流れる血液とは対極のもののような印象があるでしょう。だから、血液が骨から生まれるなんて聞くと、ちょっと不思議な感じがするかもしれません。

たしかに、みなさんがイメージする白い骨自体が血球を生みだしているわけではありません。正確には、骨の中央を満たしているやわらかい組織、骨髄が造血器官として働いているのです。

赤血球、白血球、血小板は、形も働きもまったく異なりますが、もとをたどれば同じもの。骨髄の造血幹細胞から生まれ、分化したものです。

だから、骨-正確にいえば骨髄の造血機能がきちんと働いていることが、きれいで、健康な血液をつくる大前提といえます。

白血病や再生不良性貧血といった、いわゆる”血液のがん”は、骨髄の造血機能が、なんらかの理由で正常に
働かなくなったために起こります。

白血病は、未熟な白血球が骨髄の中で異常に増殖し、正常な白血球細胞の増殖が抑えられてしまう病気。再生不良性貧血は、造血幹細胞が減少し、赤血球、白血球、血小板がいずれもいちじるしく減少してしまう病気です。

 

血液の成分:血漿

血球以外の液体成分である血漿。そのおよそ90%は水分で、たんばく質や脂質、ブドウ糖、ホルモン、血小板とともに働く血液凝固因子など、命に欠かせない必要物資を溶かし込み、からだ中に運ぶ役割を果たしています。

もちろん、血漿自身は運ぶものを決められません。なんだって運びます。食べすぎが続いたり、消化・吸収の働きが低下していると、糖や脂肪がかたまりになって血漿の中を浮遊します。こうした浮遊物はプラークとよばれます。プラークはなんの役にも立ちません。ただのゴミです。

たとえ必要な成分でも、増えすぎればいいことはありません。みな血漿中に漂う汚れになってしまいます。血液がきれい・汚れているという判断は、血漿が運ぶ荷物の種類や状態、量によるわけです。

なお、「血清」という言葉も、よく見聞きすると思います。試験管に入れた血液を放置しておくと、下のほうに血球などの固形成分がたまってかたまります。このかたまりには血液凝固因子も含まれています。上澄みの液体が血清です。つまり、血祭から血液凝固因子が除かれたものが血清です。

一般におこなわれる血液検査では、この血清が含む、いろいろな物質の有無、量を調べているのです。