カテゴリー別アーカイブ: ふくらはぎ&血圧

ふくらはぎの骨際マッサージで肩こり、首こりや眼精疲労などが改善する

◇深いとこるの筋肉はコリが残りやすい!

「亀首、猫背、ゴリラ肩」。「治し家」院長の角谷敏宜先生は、姿勢の悪さを患者さんに伝える際、このように表現し、自己チェックをしてもらっています。あなたはどうですか?

亀が甲羅から頭をもたげたところのように、斜め前に突き出た首。丸まった猫背、腕を前に垂らしたゴリラのような肩。いずれも、現代人によく見られる体のゆがみです。

パソコンを使い、デスクワークに集中し、このような姿勢を続けていると、指や腕、肩、首、背中、腰など、主に上半身の筋肉に、コリやだるさを感じるようになります。

そうした首こり、肩こりなどが慢性化すると、本来の機能が正常に働かなくなります。結果として、頚椎ヘルニアや五十肩などの、病的な症状へとつながっていくのです。

さらに、パソコンの画面を見続けることにより、眼精疲労や視力低下も避lナられません。これは、目のピントを合わせる毛様体筋という筋肉が緊張するためです。眼精疲労や首のコリが原因で、頭痛を訴えるケースもあります。

 

 

角谷先生の治療院では、悪い姿勢や生活習慣が原因とされるこのような症状を、まとめて「パソコン病」と呼び、独自の治療を行っています。

その施術と並行して、患者さんご本人に、家庭で行うよう指導しているのが、全身の血流をよくするふくらはぎのマッサージです。

上半身に現れる症状と、ふくらはぎに、どんな関連があるのかと、不思議に思われるかもしれません。

しかし考えてみてください。上に挙げた症状はいずれも、血流の悪さが関係しています。

特に、後頭部から首の後ろにかかる部位の血流は重要です。首には、脳と体をつなぐ神経や血管が走っているため、ここの血流が悪くなると、頭部、つまり脳にも影響が生じます。

血流がよくなれば改善するとはいえ、肩や首周辺への普通のマッサージは、根本的な解決にはなりえません。

なぜなら、パソコン病の場合、深いところの筋肉、つまり深層筋で、コリが生じているからです。普通のマッサージでは、表層筋までしか刺激が届かないため、深層筋の奥に、コリが残ったままになるのです。

 

 

◇筋肉を骨からはがすように押していく!

そこでお勧めするのが、コリのある局部ではなく、ふくらはぎの骨際へのアプローチです。

角谷先生は、ふくらはぎマッサージの提唱者である、故・石川洋一先生(医師)に、やり方を直接教わりました。

ふくらはぎは、「第二の心臓」とも呼ばれます。これは、ふくらはぎの筋肉を動かすと、下肢の静脈血を遠い心臓まで戻す、ポンプ作用が働くためです。ふくらはぎをマッサージすることで、ポンプ作用を助け、血液の循環を促すことができるのです。

角谷先生は、石川先生のマッサージ法を基本にして、研究を重ね、独自のやり方を編み出しました。その方法には、特徴的なポイントが二つあります。

 

 

①両手の親指の第1関節をしっかりと曲げて、親指の頭を筋肉に当て、上体の体重をかける。

②骨の際に沿って指を入れ、骨から筋肉をはがすようにもむ。

親指の頭を使うのは、ピンポイントで刺激するためです。上体の体重を利用することで、腕や指の負担が少なく、小さい力で楽に押すことができます。

また、骨の際は、深層筋が表に出てくるところです。骨際に沿って、筋肉を骨からはがすように押していくことで、深層筋にまで届く刺激を与えることができるのです。

実際に、ふくらはぎの骨際マッサージで全身の血流がよくなったことで、肩こり、首こりをはじめ、眼精疲労や視力低下、頭痛など、パソコン病の諸症状が改善した患者さんは、おおぜいいらっしやいます。

血流がよくなれば、当然、全身の健康にもよい影響があります。高血圧やひざなどの痛み、冷えやダイエットにも効果がありました。ぜひ皆さんも、今日からお試しください。

 

 

「ふくらはぎマッサージ」で体調がよくなり股関節の術後のリハビリも順調

大阪府 58歳 主婦の方の体験談です。

◇足首より下の強い冷えがなくなった

私が知人からの紹介で、タオ整骨院を訪れたのは、今から半年ほど前のことです。

人生で初めて、ふくらはぎをもんでもらいましたが、それは格別なものでした。

まず足をよく温めてから、ふくらはぎをもんでもらいます。ちょっと痛いけれど、とても気持ちがよく、まるで極楽に来たような感じです。私は感激のあまり、涙ぐんでしまったほどでした。

初回ですっかり気に入った私は、整骨院に定期的に通い、自分でもふくらはぎをマッサージするように心がけました。

ふくらはぎマッサージは、湯ぶねに入っているときに行います。足の裏からふくらはぎまで、まんべんなくもみほぐします。

私は50代になってから、たびたび起こるこむら返りに悩まされてきました。寝ているときや炊事をしているときに、急に起こるのです。しかも、ふくらはぎや土踏まずだけではなく、足の指がつることも、たびたびありました。

 

 

足がつったとき、そばに主人がいれば、足を引っ張ってもらえます。しかし、寝ている間にこむらがえりが起こるとつらいので、予防のため、湿布を触って寝ていました。しかし、それも大して効果はなく、気休めにしかならなかったのです。

また、これもこむら返りと関係していると思いますが、私はひどい冷え症で、夏でも足が冷えてしまいます。とりわけ、足首より下に、強い冷えを感じていました。

足が冷えると、寝つきが悪く熟睡できません。このため、夜寝るときは、夏でも布団をかけて寝ていたほどです。

さらに、私はもともと股関節が悪く、10年前に左の股関節の手術を受けました。右の股関節もいずれ手術しなければならないと、医師からいわれ続け、今年の5月にようやく手術をしたのです。

常にこんな調子でしたが、ふくらはぎマッサージを続けていたところ、これらの不調が改善していきました。

まず、こむらがえりが起こらなくなり、冷えもすっかりなくなったのです。今では、寝るときに足を温める必要もありません。

また、便秘解消にも効果的でした。毎朝のお通じのほか、昼や夕方にもお通じがあるのです。

◇片道25分くらいなも徒歩で買い物に行ける

そしてなにより、ふくらはぎマッサージによって助けられたのが、股関節の術後のリハビリでした。

手術の翌日から、さっそくリハビリが行われました。リハビリは車いすから始まり、歩行器やつえによる歩行訓練、つえなしでの歩行訓練と、段階を踏んでいきます。

私の場合、このリハビリが大変スムーズに進んでいったのです。それぞれの段階で、リハビリの先生にとても驚かれました。

「なんだ、もう普通に歩けそうやん、つえ取ってみ」と先生にいわれて歩き出すと、実際に歩けるのです。

 

 

退院後に病院を訪ねて、担当だったリハビリの先生にたまたまお会いしたときも、その先生から、「あなたほど、リハビリがうまくいった人はいない」とあらためていわれたほどです。

なぜ、これほど順調だったのか考えてみました。そこで思い当たったのが、ふくらはぎマッサージでした。毎日のふくらはぎマッサージで、足や全身の血流がよくなったからこそ、これだけリハビリがうまくいったのではないでしょうか。

股関節が悪かったときは、長時間歩くのはつらかったのですが、今では、どこへでも歩いて行けます。片道25分程度の買い物なら、徒歩で出かけられます。

手術を受けた股関節は、今も完全には曲げられません。ですから、あぐらや正座はまだできないままですが、ふくらはぎマッサージで、いろいろなところがよくなっているので、私は未来に希望を持っています。

これからもふくらはぎマッサージを続けていけば、正座できる日もそう遠くないかもしれません。

◇ふくらはぎ健康法タオ・タオ整骨院院長 丸山真砂夫先生の解説

こむら返りの原因はさまざまですが、肝付さんの場合、足の冷えが最も大きな原因だったと思われます。

そのうえ、こむら返りのため、熟睡できない日々が続き、体調が悪化すれば、それがさらに、こむら返りを引き起こす、という悪循環も招きます。

ふくらはぎマッサージによって、血流が大きく改善すると、足の冷えが解消します。ふくらはぎの血流不良と冷え、この二つが大幅に改善したことで、こむら返りが解消したと考えられます。

ふくらはぎの血流が改善することで、全身の血流もよくなります。それが、股関節の手術後のリハビリに、大きく貢献したのは間違いないでしょう。

 

 

マヒを起こした右半身が、ふくらはぎマッサージで大改善

脳梗塞による5年来の片マヒが改善した大阪府 60歳 無職 男性の方の体験談です。

◇もう改善しないとあきらめていた

私が脳梗塞に襲われたのは、今から5年ほど前の55歳のときでした。倒れはしませんでしたが、体に異変を感じ、その場で横になったことを覚えています。その後、すぐに病院に搬送されました。

言葉は話せましたが、右手、右足にマヒが残りました。動くことは動くのですが、感覚がありません。ですから、右手で物を引き寄せられても、はしやスプーンは使えませんでした。右足の状態も今ひとつだったのです。

以来、右半身のマヒはよくなることはありませんでした。リハビリをしても、なにも変わらず、もう改善しないものとあきらめていました。

ところが、そんな状況にひとすじの光が差したのです。

きっかけは、今年5月、体調を崩したときに訪れました。原因不明の体調不良が続き、食事の際、嘔吐してしまったのです。

医師の診断では、食あたりではないかといわれましたが、特に心当たりがありませんでした。

そのころ、寒暖差が激しく、梅雨にさしかかっていたため、天候も不順でした。その変化に、体がついていけなかったのかもしれません。

 

 

嘔吐以外には、足のむくみがあり、歩くのもおっくうでした。

そんなとき、近所の治療院で、ふくらはぎマッサージを受けられることを知り、家内の勧めもあり、試しに通ってみたのです。

右半身が自由になりませんから、ふだんは出かける機会はほとんどありません。家に引きこもった状態で、テレビばかり見ているので、運動不足になりますし、筋力もどんどん低下していきます。また、他人と話す機会がほとんどないのです。

ですから、治療院でふくらはぎマッサージを受けて、少しでも足がよくなればと思いました。家内も私が通院することで、人と接する機会がふえたほうがいいと思ったようです。

早速、治療院で、足をよく温めてもらい、ふくらはぎなどを丹念にもんでもらいました。初めてのふくらはぎマッサージは、とても心地よく、気に入りました。

同じくマッサージをしてもらった家内も、大変気持ちがよかったようです。

自宅でも、家内にふくらはぎをもんでもらっています。こうして、ふくらはぎマッサージを続けていたところ、しだいに足の運びが楽になってきました。

車の乗り降りの際も、足が楽に動かせるのです。

 

 

◇硬直していた右腕がやわらかくなってきた

なにしろ、この1年間、マヒを起こした右半身は、全く改善しなかったのですから、大きな変化といっていいかもしれません。

また、自由に動かせない右腕は、使えないこともあり、硬直したままでした。それが少しずつ、やわらかくなっているのが感じられました。

もちろん、これだけ長い期間、全く改善の兆しがなかったわけですから、健常時のように自由に動かせるようになるとは思っていません。

それでも、ふくらはぎのマッサージを続けることで、少しでも手足の動きが楽になればと考えています。現在は、全く動かせなかった手足を刺激した反動でしょうか、痛みが出ています。

これも、よくなる兆しと考えて、ふくらはぎマッサージを続けていきたいと考えています。

◇タオ整骨院代表 丸山正雄先生の解説

ふくらはぎマッサージは、ミルキングアクション(筋肉の乳しぼり効果)で、全身の血流を改善します。

動かない手足にも、より多くの血液を送り込めます。そのため、継続すれば、マヒした患部の拘縮(関節の動きが制限されること)もしだいに緩みます。

全身の血流がよくなれば、脳の血流も増大します。それと同時に、自律神経系の運動神経を刺激することで、手足の動きもしだいによくなっていくと考えられるのです。