開脚は確実に体重がへって手軽に足腰が鍛えられる

私の治療院では腰やひざの慢性痛や、座骨神経痛などの改善をはじめ、骨折後のリハビリ、スポーツでの筋肉のゆがみを調整するスポーツ整体などを行っています。

慢性病や神経痛、しびれの改善には、指圧やマッサージ、鍼治療などを行います。ただ、そうした手技の成果を上げるために、肥満の改善が必要な患者さんが少なくありません。

太っている患者さんは、過剰な体重が関節や骨盤の負担になって、痛みは増幅し、なかなか痛みが取れません。また腰やひざが痛いと、体を動かさなくなるので、運動不足になり、さらに肥満が進行するという悪循環にも陥ってしまいます。

そういう人たちに私が勧めているのが、ふだんの食事で冷たいものを控え、温かいものを食べるように心がけて内臓の血流をよくする食事法です。

そして、減量のために勧めている運動が、股関節を大きく開いて、全身の血液とリンパの流れをよくする「開脚」 です。

これまでに、私の治療院で食事法と開脚を行った人の数は600人を超えています。そして、サボらずに続けた人には、100%といってもいいすぎではない、確実な減量効果が現れているのです。

半年くらい続けた時点で、だいたいの人が10~15キロの減量に成功しています。そのほとんどが、過去にどんなダイエットでもやせなかった人や、運動もできないくらい太っていた人たちです。開脚は、確実に体重がへって、手軽に足腰が鍛えられると、大評判なのです。

今までに最もやせたのは、36キロ減量した62歳の女性です。このかたは、ひざ痛に悩んでいましたが、やせてからは完全にひざ痛を克服しています。

また、開脚で姿勢がよくなり、体型がよくなったことを喜ぶ声も続出しています。メタボ体型だった男性が開脚を続けたおかげで、おなかが引っ込み、中性脂肪値やコレステロール値が下がった例もあります。