開脚で血行をよくすれば糖尿病にならない

「お相撲さんが糖尿病にならないのは、開脚で血行をよくしているから」

腰痛の治療で通っていた整骨院の先生の、このひと言がきっかけで、「開脚」を始めることになりました。血行がよくなるばかりか、やせられると先生はいいます。

当時の私は、身長が163センチで体重が82キロあり、小さなお相撲さん並みの体格でした。太っているせいで足腰への負担が大きく、長い距離を歩くことや階段の上り下りが苦手でした。高血圧で降圧剤も飲んでおり、医師からは「血圧を下げるためにもやせたほうがいい」といわれていたのです。

そんな私に比べて、お相撲さんは太っていてもあんなに動けますし、糖尿病などの病気にかからず健康的です。その理由が、股割りや四股踏みといった、お相撲さんがしょっちゅうやっている、股を開く動作だったわけです。

私も、開脚に挑戦することにしました。多少、ダイエットを意識して、食事も朝食と昼食は温かいおかゆと、たっぷりの野菜を食べるスタイルに変えたのです。とはいえ、夕食はお酒を飲み、好きなものを食べるので、以前の食事と大きな違いはありません。

私の開脚の方法は、ワイルドというか男性的です。股が開きやすいようにパンツ一丁になり、いすを使って行います。

座面の高さが50センチくらいの普通のいすを、座面がこちらに向くようにして体の前方に置きます。立った姿勢のまま、いすの背もたれではなく、座面に両手をついて体を支え、ひざを伸ばして少しずつ腰を落としながら、左右に股を開いていきます。

股の位置が床から15~20センチくらいまで下がり、左右に股が開ききったら、その姿勢を一分間維持して、元の姿勢に戻ります。これを、20~30分間くり返すのです。

いすの座面に手をついて開脚をすると、太っていて運動不足の私でも、股関節が痛くならずに無理なく股を開くことができます。とはいえ、最初から股がよく開いたわけではありません。続けるうちに、少しずつ角度が広がっていきました。

毎朝、起床直後の五時過ぎから、開脚をしながらテレビのニュースを見るのですが、やっている最中に背中がかゆくなってきます。これは、開脚を行うと、それほど全身の血行がよくなるということです。