ニンジンやヒジキで血液をきれいにしよう

千坂式食療法では、本態性高血圧の原因をこう考えています。陰性×酸性の食べ物を好む人は、血管にその影響が表れます。陰性エネルギーの性質は中心から外へ向かう遠心エネルギーですから血管の肉厚の中心から血管の肉壁と外壁に向かって、肉厚を厚くふやけさせます。そのエネルギー作用によって血管の内径が狭くなるために、血流は悪くなってしまいます。

すると、血液は、全身の細胞の生命維持のために、細くなった血管内を大量の血液を送らなければなりません。ということは、血圧は高くならざるをえません。それが本態性高血圧という病気の姿なのです。血液をきれいにし、ふやけた血管を引き締めて内径を太くするために、陽性×碗性食品の摂取を重視するのです。

陰性×酸性の甘いもの、乳製品、フルーツ、めん類など、それに陽性×酸性の肉や魚など(動脈硬化の原因)を摂らないようにし、野菜やキノコ、お茶などの陰性×碗性食品(陽性×酸性を中和し、動脈硬化の原因を除去する)、根菜や海藻類などの陽性×碗性食品で、取り込まれた酸性を中和します。最終的には、玄米を主食とし、段階的にダイコン、ニンジン、ゴボウ、レンコン、コンプ、ヒジキ、フノリといった陽性×碗性の食品を増やしていくことで、きれいな血液を持ち、免疫機能が旺盛な体質をつくつていきましょう。

一方、低血圧は高血圧の反対で、血管の内圧が弱いために起こります。低血圧の人は、手足が冷え、めまいや立ちくらみがするほか、肩こり、動惇、息切れ、不眠などの症状に悩まされがちです。低血圧には、常日ごろ血圧が低い慢性低血圧と、立ち上がったときにだけ血圧が低くなって立ちくらみがする起立性低血圧の2つがあります。