いつも相手のプラス面を引き出せる人の魅力

こちらの感じ方、思い方が変わって、安らぎとか喜びに満たされてくると、相手がもともと持っている良い面が引き出されるということです。相手のマイナス面がなくなるということではないのです。誰でもプラス面とマイナス面の両方を持っているのです。ですから私たちの感じ方や思い方次第で、どちらの面が引き出されるかだけなのです。

もともとの個性として「マイナスに思いがち」の傾向のある方であっても、真我のプラス波動のエネルギーと気持ちが合っていくと、真我のエネ~ギーの方がつよく作用するので、落ち込んだり、グチっぼかったりイライラしたりということはなくなっていき、人間関係においても、相手のプラスの面が引き出されていきます。

「相手を変えたい」という思いがある時は、相手のここが悪い、あそこが悪いと、批判して裁いていることになるので、相手はその思いを感じるわけです。ですからいくら親が子供に対して良い方向に変えようと思って言ったつもりでも、根底に子供を変えようと思う気持ちがある限り反発されるのです。また上司が部下に言う場合も同じです。それは言われた方は、自分が否定されているのがわかるからです。多くの人は、他人から「変わってほしい」と言われるほど嫌なことはないのです。言っている親や上司にしても、自分自身が言われたら反発するのではないでしょうか。

ですから、どうしても注意をしなければいけないことがある時には、まず相手の良いところを認めてほめてから注意をするのであれば素直に聞いて頂けるのです。また日頃から相手の良いところを伸ばそっと思っていると、相手のマイナス面が出にくくなっていくのです。部下の「もっと良い仕事をしたい」という気持ちを引き出すのが、上司の役目ではないでしょうか。