1円玉に生体電流の流れをスムーズに整える働きがある

丸山アレルギークリニック院長 丸山修寛先生は、体にはるだけで痛みや不調を癒す、「無限コイル」というものを開発し、医療現場で使うかたわら、さらなる研究を続けています。無限コイルは、銅線を特殊技術で平たく巻いた指先大の小さなコイルです。

このコイルの開発にたどり着くまでには、1円玉を体にはる実験をくり返した時期がありました。

というのは、丸山修寛先生が目指している、「生体バランスを整える医療」に向けてれ効果は、l円玉を体にはることによっても、得られるのではないかと考えたからです。その理由を説明しましょう。

私たちの体には、生体電流と呼ばれる微弱な電流が流れています。その一部を測定したのが、脳波や心電図です。体に生体電流が流れているからこそ、その変化を計測して、私たちは脳や心臓の働きを知ることができるのです。

生体電流は、常に変化しながらも、大きな意味では一定の流れを保っています。健康なときには、その流れがひどく乱れたり、滞ったりすることはありません。ところが、なんらかの原因でその流れが乱れたり、滞ったりすると、人体にさまざまな症状が出てくるのです。

例えば、関節や筋肉が痛んだり、関節の曲げ伸ばしがつらくなったりします。肺や心臓、消化器といった内臓にも影響が及び、ぜんそくや不整脈、アトピー性皮膚炎、便秘・下痢などの消化器症状が起こったり、悪化したりします。

このほか、原因のはっきりしない頭痛、めまい、腰痛、不眠といった全身の不調も、生体電流の乱れから生じている場合が少なくありません。

こうした生体電流の乱れを起こすものが、現代社会にはたくさんあります。その代表が、身の回りの電化製品やパソコン、携帯電話などからの電磁波、また、化学繊維の摩擦によって生じる静電気などです。これを稔称して、私は有害電磁波と呼んでいます。

そこで、有害電磁波の害を取り除き、生体電流を整える方法として、私は1円玉療法や無限コイルを研究したのです。

これらには、静電気や電気製品からの電磁波といった、有害電磁波を打ち消して、生体電流の流れをスムーズに整える働きがあります。