サンショウはおなかを温め腸管を刺激する

大建中湯がよく効くのは、「虚証(漢方独特の診断法の一つ)」といって、普段から体力が弱い人です。下腹がガスで張っているわりにはフニャフニャと柔らかい。こんな人には性別にかかわらず、大建中湯が確実に効果を発揮します。

漢方医は、この症状を「ヘビの頭足あるがごとし」と言っています。外から見たり、手で触れたりすると、柔らかい皮膚の下で腸がヘビのようにクネクネ動いているように見えるからです。総じて中年以降の女性に多い特徴ですが、時には若い女性や男性にも見られることもあります。

逆に、「実証(虚証と同じように漢方独特の診断法の一つ)」といって、普段から元気で体力もあり、下腹の皮膚も硬いような人が、腸の調子が悪いからといって大建中湯を用いても、あまり芳しい効果は望めません。

薬が必要なほどではないが、ガス腹や膨満感、オナラが気になる、あるいは慢性的に腸が弱いという人には、普段の食生活の中でサンショウを意識して取ることをお勧めします。サンショウの温中作用(おなかを温める)や腸管刺激作用によって、腸管の働きを常に活発に保つ効果が期待できます。

今まで、サンシヨウを使うのは年に何度かウナギを食べるときぐらいだったという人は、他の料理にもスパイスとして日常的に活用してはいかがでしょうか。ただし、取り過ぎは逆効果になることもあるので、注意が必要です。

最近は、本家である日本を尻目に、ヨーロッパではサンショウが調味料として大人気とか。一流のレストランでも、さまざまな形で料理に使われているそうです。

確かに、あのサンシヨウ特有の風味を、ウナギのかば焼きだけのものにしておくのはもったいない話です。家庭でもサンショウをもっと工夫して活用し、料理にはハーモニーを、体には健康を招くようにしたらいかがでしょうか。