血液の成分:血漿

血球以外の液体成分である血漿。そのおよそ90%は水分で、たんばく質や脂質、ブドウ糖、ホルモン、血小板とともに働く血液凝固因子など、命に欠かせない必要物資を溶かし込み、からだ中に運ぶ役割を果たしています。

もちろん、血漿自身は運ぶものを決められません。なんだって運びます。食べすぎが続いたり、消化・吸収の働きが低下していると、糖や脂肪がかたまりになって血漿の中を浮遊します。こうした浮遊物はプラークとよばれます。プラークはなんの役にも立ちません。ただのゴミです。

たとえ必要な成分でも、増えすぎればいいことはありません。みな血漿中に漂う汚れになってしまいます。血液がきれい・汚れているという判断は、血漿が運ぶ荷物の種類や状態、量によるわけです。

なお、「血清」という言葉も、よく見聞きすると思います。試験管に入れた血液を放置しておくと、下のほうに血球などの固形成分がたまってかたまります。このかたまりには血液凝固因子も含まれています。上澄みの液体が血清です。つまり、血祭から血液凝固因子が除かれたものが血清です。

一般におこなわれる血液検査では、この血清が含む、いろいろな物質の有無、量を調べているのです。