骨盤締め上げダイエットの方法

正しい姿勢を身に付けるための最も基本的な体操「骨盤締め上げダイエット」をご紹介します。

① つま先をまっすぐ前に向け、左右の足をそろえて立つ。このとき、足の親指の付け根の辺りに重心を乗せる。

② 太ももの前面からお尻に向かって巻き込むように力を回し、左右のお尻をくつつけ、お札くらいの大きさの紙をお尻ではさむ。このとき、左右の足の間が開かないようにすること、重心がずれないように、お尻が前に出ないように注意する。
③ 丹田(へそから指3本分下)に手を当てて下腹をへこませ、おなかの厚みを薄くする。伸びをするようにして上半身を上に引き上げ、1分間呼吸する。

①を意識することで、衰えやすい太ももの内側の筋肉を鍛えることができます。

②では、ただ左右のお尻を寄せるだけでは、薄い紙ははさめません。太ももの前面からしっかりと力を回すことで、初めてお尻で紙をはさめるようになるのです。紙をはさむ感覚がつかめるようになったら、紙をはさまずにやっても大丈夫。

特に意識しつらいのは、③かもしれません。その場合は、丹田に手を当て、背中側にも手を当てて、両手でおなかが薄くなる感覚をつかみましょう。

骨盤締め上げは、普段使わない筋肉を刺激します。最初は無理をせず、朝に1分間行うだけでよいでしょう。③の姿勢を取るだけで、左右の足の間が狭まり、背すじが伸びるのがわかるはずです。余裕がある人は、③の姿勢を維持したまま、その場で30回、足踏みをしてください。効果がアップします。

体が慣れてきたら、日中、思いついたときに骨盤締め上げの姿勢を維持してみましょう。24時間する必要はありません。また、腰痛がある人、生理中の人は、無理をしないでください。

紙1枚をお尻でギュッとはさんで立つ。これだけで、あなたの体は一変するはずです。