快眠のため枕の高さを決める

人間の体格というものは本当にさまざま。これが苦労のタネです。

たとえば、身長が160センチで体重が90キロある男性の場合。身体の肉が厚めなので枕は高くなるべきですが、身長がそれほど大きくないので、横向きになると意外に身体がこぢんまりしてしまいます。それに肥満ぎみの人は枕を高くしすぎると、のどが圧迫されて、いびきが出ます。

でも、低すぎても、いびきは出るもの。実はプラスマイナス5ミリでジャストフィットすると、いびきが小さくなるポイントがあるのです。

また一方、逆に170センチくらい身長がある、すらっとしたモデルさんのような体型の女性の場合。身長の高い女性は肩幅が男性並みに大きいので、横向きに寝た場合の高さは高くなります。でも、モデル体型ですから、肉厚が薄くて、上向きに寝ると枕の高さが合わなくなってしまいます。

こんな特別な体型の人には、やはり睡眠で悩んでいる人がいっぱい。「眠れないんです」「不眠症みたいです」そんなキーワードでやってきた方も、実は単に体型のせいで睡眠姿勢がとりにくく眠れないだけ、ということも多いのです。

こうした方の場合は、枕だけでなく、敷物も含めて調整していくことが必要になります。

また、単なる肩幅のサイズ以外に、個々の肩幅の事情も考えなければなりません。たとえば片側の鎖骨を骨折したりしていると、左右の肩幅の長さが違ってきてしまいますし、結核などで片方の肋骨を取ったりした経験があると、左右の胸郭の大きさが違うこともあります。

こうした特殊な条件の下、身体が右向きのとき、左向きのときなども考えてすり合わせ、枕の高さを一番いいところで調整していくのです。