「ペポカボチャ種子エキス」のおかげでトイレをほとんど意識せずに行動できる

◇我が家のペットも尿トラブルを回避できた

ペポカボチャ種子エキスの作用機序としては、以下のことが予想されます。

①骨盤底筋の筋力を強化し、尿道の締まりをよくする。

②血行を促進することで、膀胱の働きを正常化する。

③膀胱の炎症を抑える。

これら三つの作用によって、尿トラブルが改善すると考えられています。

作用はペポカボチャの果肉ではなく、種子にのみあります。しかも、効果が期待できるのはペポカボチャの種子だけです。

日本でペポカボチャを手に入れるのは難しいのですが、幸いサプリメントが簡単に人手できます。種子から有効成分だけを抽出したサプリメントなら、効率的に有効成分を取ることができるでしょう。

 

 

実は、現在56歳のジャーナリスト、加藤和子さんも、尿意切迫感を持つ一人でした。自宅を出る前にトイレ、駅でトイレ、下車したらすぐにトイレ、現地でトイレという感じで、常にトイレを探していました。

しかし、ペポカポチヤ種子エキスを飲み始めてからは、トイレをほとんど意識せずに行動できるので、本当に助かっています。

加藤さんの16歳になる犬にも飲ませてみました。16歳といえば、人間でいえば80歳くらいです。そのため、ポタポタリと床におしっこを垂らして歩くようになっていました。

そこでペポカボチャ種子エキスのサプリメントを1日1粒、エサに混ぜて食べさせたところ、2~3日でポタポタが止まりました。1年近くたった今も、おかげで紙パンツの必要もありません。

よいものに出合えば、生活の質を下げることなく快適に暮らしていくことができることを実感しています。

◇ドクター マリアン・ベルブルゲンさんの解説

ペポカボチャは多くの研究機関で研究されています。最近では、種子に含まれる親水性成分「リグナン」に薬理活性があることがわかりました。

リグナンは、女性ホルモンのエストロゲンと同様の働きをする植物エストロゲンの一種です。このリグナンが作用することで、ホルモンバランスが整えられます。

同時に、アロマターゼという酵素(代謝促進物質)を阻害して、テストステロンの分泌を高めます。テストステロンは男性ホルモンの一種で、筋肉機能の改善や、筋肉を形成するときに必要です。これらの作用で、膀胱周辺の筋肉や、骨盤底筋の機能が強化され、排尿の調節機能が改善されるのです。

→尿トラブルの対処法として「ペポカボチャ種子エキス」のサプリメントが注目を集めています