ふくらはぎの骨際マッサージで肩こり、首こりや眼精疲労などが改善する

◇深いとこるの筋肉はコリが残りやすい!

「亀首、猫背、ゴリラ肩」。「治し家」院長の角谷敏宜先生は、姿勢の悪さを患者さんに伝える際、このように表現し、自己チェックをしてもらっています。あなたはどうですか?

亀が甲羅から頭をもたげたところのように、斜め前に突き出た首。丸まった猫背、腕を前に垂らしたゴリラのような肩。いずれも、現代人によく見られる体のゆがみです。

パソコンを使い、デスクワークに集中し、このような姿勢を続けていると、指や腕、肩、首、背中、腰など、主に上半身の筋肉に、コリやだるさを感じるようになります。

そうした首こり、肩こりなどが慢性化すると、本来の機能が正常に働かなくなります。結果として、頚椎ヘルニアや五十肩などの、病的な症状へとつながっていくのです。

さらに、パソコンの画面を見続けることにより、眼精疲労や視力低下も避lナられません。これは、目のピントを合わせる毛様体筋という筋肉が緊張するためです。眼精疲労や首のコリが原因で、頭痛を訴えるケースもあります。

 

 

角谷先生の治療院では、悪い姿勢や生活習慣が原因とされるこのような症状を、まとめて「パソコン病」と呼び、独自の治療を行っています。

その施術と並行して、患者さんご本人に、家庭で行うよう指導しているのが、全身の血流をよくするふくらはぎのマッサージです。

上半身に現れる症状と、ふくらはぎに、どんな関連があるのかと、不思議に思われるかもしれません。

しかし考えてみてください。上に挙げた症状はいずれも、血流の悪さが関係しています。

特に、後頭部から首の後ろにかかる部位の血流は重要です。首には、脳と体をつなぐ神経や血管が走っているため、ここの血流が悪くなると、頭部、つまり脳にも影響が生じます。

血流がよくなれば改善するとはいえ、肩や首周辺への普通のマッサージは、根本的な解決にはなりえません。

なぜなら、パソコン病の場合、深いところの筋肉、つまり深層筋で、コリが生じているからです。普通のマッサージでは、表層筋までしか刺激が届かないため、深層筋の奥に、コリが残ったままになるのです。

 

 

◇筋肉を骨からはがすように押していく!

そこでお勧めするのが、コリのある局部ではなく、ふくらはぎの骨際へのアプローチです。

角谷先生は、ふくらはぎマッサージの提唱者である、故・石川洋一先生(医師)に、やり方を直接教わりました。

ふくらはぎは、「第二の心臓」とも呼ばれます。これは、ふくらはぎの筋肉を動かすと、下肢の静脈血を遠い心臓まで戻す、ポンプ作用が働くためです。ふくらはぎをマッサージすることで、ポンプ作用を助け、血液の循環を促すことができるのです。

角谷先生は、石川先生のマッサージ法を基本にして、研究を重ね、独自のやり方を編み出しました。その方法には、特徴的なポイントが二つあります。

 

 

①両手の親指の第1関節をしっかりと曲げて、親指の頭を筋肉に当て、上体の体重をかける。

②骨の際に沿って指を入れ、骨から筋肉をはがすようにもむ。

親指の頭を使うのは、ピンポイントで刺激するためです。上体の体重を利用することで、腕や指の負担が少なく、小さい力で楽に押すことができます。

また、骨の際は、深層筋が表に出てくるところです。骨際に沿って、筋肉を骨からはがすように押していくことで、深層筋にまで届く刺激を与えることができるのです。

実際に、ふくらはぎの骨際マッサージで全身の血流がよくなったことで、肩こり、首こりをはじめ、眼精疲労や視力低下、頭痛など、パソコン病の諸症状が改善した患者さんは、おおぜいいらっしやいます。

血流がよくなれば、当然、全身の健康にもよい影響があります。高血圧やひざなどの痛み、冷えやダイエットにも効果がありました。ぜひ皆さんも、今日からお試しください。