腰に不安のあれば、ふくらはぎを押してやわらかくすれば改善する

◇ヘルニア手術を回避できた!

腰痛やひざ痛の人のほとんどは、ふくらはぎがかたくなっていて、カチカチです。実は、人間の体を支えるバネに相当するのが、このふくらはぎなのです。そして、このかたいふくらはぎを押して、やわらかくしてあげると、腰やひざの痛みが改善してきます。

カチカチになったふくらはぎは、指で少し押すだけで、飛び上がるほどの痛みを感じます。つまり、ふくらはぎを押して感じる痛みは、腰痛やひざ痛の状態を示すバロメーターといえるでしょう。

どんなにカチカチになったふくらはぎでも、根気よく毎日押してあげれば、だんだんやわらかくなってきます。すると、ふくらはぎを押しても、痛みを感じなくなり、腰やひざの痛みも消えるというわけです。

そういったかたは、たくさんいるのです。何年も前から腰が痛くて、いつも背中が丸まった姿勢のAさんという60代の女性がクリニックに来院しました。ご自身でも腰が曲がっているという自覚はあるのですが、伸ばそうとすると痛みが走り、伸ばせなかったのです。

先生が会ってみると、やはり、ふくらはぎがカチカチの状態でした。そこで、ふくらはぎを軽く押してみました。Aさんは、あまりの痛みに悶絶せんばかりでした。

 

 

先生は、Aさんに家でもできるように、ふくらはぎ押しを教えました。ご自宅でも毎日ふくらはぎ押しを実行したのだと思います。1カ月ほどたって、再び来院したときは、とてもやわらかいふくらはぎになっていました。押してもそれほどの痛みは感じていないようです。

腰のほうも痛みが軽減したといっていました。いつも鈍痛があって、気になっていたのに、今では腰痛だったことも忘れているようです。

そのおかげでしょうか。曲がっていた腰も、しゃんと伸びるようになりました。先生が見ても、はっきりと腰が伸びたのがわかったのです。

腰が伸びたことで、ずいぶん若返って見えます。そのためか、表情も明るくなりました。

Aさんの例は、決して、珍しいことではありません。たくさんのかたが、ふくらはぎ押しで腰痛を改善しています。

腰に不安のあるかたは、ふくらはぎを押して、やわらかくしてください。実際、ヘルニアの手術予定だったのが、ふくらはぎ押しで手術回避した人もいます。