複数の薬をたくさん服用している高齢者に特に多く見られる「薬剤性高血圧」にも注意

◇痛み止めを飲むと血圧が上がってしまう

高齢者の場合、最大血圧も最小血圧も、むやみに下げすぎるのは危険といえます。

もう一つ注意しなければならないのは、薬の影響で血圧が高くなる「薬剤性高血圧」です。これは、複数の薬をたくさん服用している高齢者に特に多く見られます。

例えば、ひざの痛みや腰の痛みを緩和させるために、痛み止めを飲んでいる高齢者はたくさんいるはずです。非ステロイド性抗炎症薬といわれるこれらの薬は、血圧を上昇させるほか、降圧剤といっしょに飲むと、その効果を減弱させる作用があります。

漢方薬の多くに含まれる成分の「甘草」も、血圧を上げる作用があります。これは、市販のサプリメントなどにも含まれていることがあるので要注意です。

 

 

ほかには、ガン治療などに用いられる免疫抑制剤、ホルモン療法に使われるエストロゲン、抗うつ剤など交感神経を刺激すみ作用のある薬も、薬剤性高血圧の原因になります。

このような薬が原因で血圧が高くなっている場合は、やみくもに薬で血圧を下げるのではなく、まず高血圧の原因となっている薬の服用を中止するなど、医師の的確な指導が必要です。

また、降圧剤は一生飲み続けなければならないと思っている人も多いようですが、決してそのようなことはありません。生活習慣に注意して血圧が下がってくれば、薬をへらすことや、最終的には薬をやめることも可能です。

血圧を上げないために生活習慣で心がけるべきことは、塩分を控えめにすること、果物などでカリウムを補給すること、適度な運動をすることです。

高齢になると運動をするのはなかなか難しいかもしれません。それでも、家の中でこまめに動いたり、ちょっと買い物に出たりするだけでも違います。

最終的には薬がいらなくなることを目指して、日常生活の中で、できることに取り組んでほしいと思います。

→高齢者の場合むやみに血圧を下げすぎるのは危険