どんなめまいも押せばすぐに改善できる特効ツボ!後頭部の「天柱」刺激

●片頭痛や肩こりにも効果が期待できる

めまいは人によって症状が異なり、その原因も、耳の病気や脳の病気などさまざまです。

ただ、めまいがするときは、たいてい首の筋肉がこわばり、首の左右から頭部へ向かう椎骨動脈の血液循環が悪くなっています。その結果、平衡感覚をつかさどる、耳の奥にある三半規管の働きが低下し、体のバランスがくずれるのでしょう。

めまいには、天柱(てんちゅう)への刺激が有効です。天柱の天は頭、柱は支えるという意味です。頭を支える大黒柱のようなツボといってもいいでしょう。

首の後ろの中央にはくぼみがあります(ぼんのくぼ)。その両側には、太い筋肉がタテに走っています。天柱はこの筋肉の上端のやや外側、髪の生えぎわよりやや上にあります。

 

 

机などにツボと同じ側のひじをつき、天柱に親指を当て、手のひら全体で側頭部を支えます。頭の重みを利用して、左右とも5・7・5法で刺激します(3~5分間)。反対側の目の方向へ向かって軽く押し込んでください。よく効くツボですから強く押す必要はありません。

このツボは即効性があり、めまいが起こったときに押せば、すぐに改善します。頻繁にめまいを起こす人は、1日1回の刺激を習慣にしましょう。

天柱を刺激すると、目がスッキリするという人もいます。ほかにも、片頭痛や肩こりにも効果が期待できます。