ひざ痛が改善するひざ裏のツボ「委中」

●腰痛や座骨神経痛などの軽減にも役立つ

ひざの裏には5本の動脈が通っています。ひざ全体が痛む、ひざの皿の奥が痛む、ひざに水がたまる、という人の多くは、これらの動脈の血流が悪くなっているようです。

ひざには細かい筋肉や靭帯が集中しているため、疲労がたまって筋肉が肥大すると、動脈が圧迫されて、血流はすぐに滞ります。この血流を速やかに改善するのが、委中(いちゅう)への刺激です。ひざの血流がよくなれば、痛みは軽減するでしょう。

委中は、膀胱経という経絡に属しているツボです。東洋医学では、ひざの痛みは膀胱経の気血の働きとかかわりがあると考えられています。委中を刺激すれば、膀胱経の気血の働きがよくなり、痛みが和らぐというわけです。

ひざを曲げると、ひざの裏側に太いシワができます。委中はこのシワの左右中央にあります。刺激は痛みがある側に行います。横座りか、イスに腰掛けた状態で、両手の親指を委中に当て、5・7・5法で刺激します(3~5分間)。残りの指をひざの皿側に回すと、力を入れやすいはずです。刺激は朝晩の1日2回行います。

東洋医学では「腰背は委中に求む」という言葉があります。これは、腰や背中の痛みには委中への刺激がよい、という意味です。委中への刺激は、腰痛や座骨神経痛などの軽減にも役立ちます。