腱鞘炎など手首の痛みを和らげる特効ツボ「四瀆」

●患部に直接触れずに和らげるツボ

手首は、普段からよく使う関節です。そのため、痛めるとすぐに生活に支障をきたします。ねんざや骨折などを除くと、手首の痛みの多くは、筋肉の使い過ぎによるものです。腱鞘炎も、腱を鞘のように収めている腱鞘が、筋肉の使い過ぎによって炎症を起こした状態です。

手首の痛みは、ひどくなると筋肉が硬くこわばり、手首の動きが制限されます。そんなときにお勧めなのが、四瀆(しとく)への刺激です。四瀆は腕にあるツボですから、痛む手首に直接触らずに刺激できます。

四瀆は、手首の甲側から薬指へ向かって進む三焦経(さんしょうけい)という経絡に属しているツボです。東洋医学では、三焦経の気血の状態が悪くなると、手の関節に痛みが出るといわれています。

前腕の背面で、ひじ頭と手首の甲側にできる横ジワの左右中央を結んだ線の中間が四瀆です。尺骨と橈骨(とうこつ)という2本の骨の間にあります。

刺激は痛みのある側だけで構いません。ひじを曲げて腕を体に引き寄せたら、反対側の手の親指を四瀆に当てます。残りの指は腕の裏側へ回します。そのまま5・7・5法で刺激してください(3~5分間)。

四瀆への刺激は、手首の筋肉をゆるめて、血行をよくします。朝晩の1日2回刺激すれば、3~4日ほどで痛みは軽減するでしょう。また、四瀆は肩こりにも有効なツボです。