目の疲れやドライアイなど、さまざまな目の症状に効果が期待できるツボ「晴明」

●刺激後は目がスッキリする

長時間目を酷使すると、目が乾いて痛くなったり、目の中がゴロゴロしたりすることがあります。加齢とともに、目の乾きがひどくなった、という人も少なくありません。目頭にある晴明(せいめい) への刺激は、そんな疲れ目やドライアイに優れた効果があります。

東洋医学では、目は肝臓と密接な関係があると考えます。肝臓の機能をつかさどるのは、肝経という経絡です。肝経は膀胱経という経絡と影響し合っています。晴明は膀胱経に属しているツボです。

晴明を刺激すると、膀胱経と合わせて肝経の気血の働きも整います。目の周囲の血流もよくなるため、刺激後は目がスッキリするはずです。

目が疲れると、自然と目頭を指でもみますが、そこが晴明のツボです。目頭の内側の眼窩(眼球の入った穴)のへりで、押すとツーンとひびきます。

刺激は左右同時に行います。机などの上に両ひじをつき、両手の親指の先をそれぞれ晴明に当てます。そのまま頭の重みを利用し、3・7・3法で刺激します(3~5分間)。目の疲れや乾きが気になるときに刺激してみてください。

晴明の「晴」は、瞳という意味です。瞳を明らかに照らすツボというのが、名前の由来です。実際に晴明は、目の疲れやドライアイの他にも、目の充血やかすみ目など、さまざまな目の症状に効果が期待できます。