マヒを起こした右半身が、ふくらはぎマッサージで大改善

脳梗塞による5年来の片マヒが改善した大阪府 60歳 無職 男性の方の体験談です。

◇もう改善しないとあきらめていた

私が脳梗塞に襲われたのは、今から5年ほど前の55歳のときでした。倒れはしませんでしたが、体に異変を感じ、その場で横になったことを覚えています。その後、すぐに病院に搬送されました。

言葉は話せましたが、右手、右足にマヒが残りました。動くことは動くのですが、感覚がありません。ですから、右手で物を引き寄せられても、はしやスプーンは使えませんでした。右足の状態も今ひとつだったのです。

以来、右半身のマヒはよくなることはありませんでした。リハビリをしても、なにも変わらず、もう改善しないものとあきらめていました。

ところが、そんな状況にひとすじの光が差したのです。

きっかけは、今年5月、体調を崩したときに訪れました。原因不明の体調不良が続き、食事の際、嘔吐してしまったのです。

医師の診断では、食あたりではないかといわれましたが、特に心当たりがありませんでした。

そのころ、寒暖差が激しく、梅雨にさしかかっていたため、天候も不順でした。その変化に、体がついていけなかったのかもしれません。

 

 

嘔吐以外には、足のむくみがあり、歩くのもおっくうでした。

そんなとき、近所の治療院で、ふくらはぎマッサージを受けられることを知り、家内の勧めもあり、試しに通ってみたのです。

右半身が自由になりませんから、ふだんは出かける機会はほとんどありません。家に引きこもった状態で、テレビばかり見ているので、運動不足になりますし、筋力もどんどん低下していきます。また、他人と話す機会がほとんどないのです。

ですから、治療院でふくらはぎマッサージを受けて、少しでも足がよくなればと思いました。家内も私が通院することで、人と接する機会がふえたほうがいいと思ったようです。

早速、治療院で、足をよく温めてもらい、ふくらはぎなどを丹念にもんでもらいました。初めてのふくらはぎマッサージは、とても心地よく、気に入りました。

同じくマッサージをしてもらった家内も、大変気持ちがよかったようです。

自宅でも、家内にふくらはぎをもんでもらっています。こうして、ふくらはぎマッサージを続けていたところ、しだいに足の運びが楽になってきました。

車の乗り降りの際も、足が楽に動かせるのです。

 

 

◇硬直していた右腕がやわらかくなってきた

なにしろ、この1年間、マヒを起こした右半身は、全く改善しなかったのですから、大きな変化といっていいかもしれません。

また、自由に動かせない右腕は、使えないこともあり、硬直したままでした。それが少しずつ、やわらかくなっているのが感じられました。

もちろん、これだけ長い期間、全く改善の兆しがなかったわけですから、健常時のように自由に動かせるようになるとは思っていません。

それでも、ふくらはぎのマッサージを続けることで、少しでも手足の動きが楽になればと考えています。現在は、全く動かせなかった手足を刺激した反動でしょうか、痛みが出ています。

これも、よくなる兆しと考えて、ふくらはぎマッサージを続けていきたいと考えています。

◇タオ整骨院代表 丸山正雄先生の解説

ふくらはぎマッサージは、ミルキングアクション(筋肉の乳しぼり効果)で、全身の血流を改善します。

動かない手足にも、より多くの血液を送り込めます。そのため、継続すれば、マヒした患部の拘縮(関節の動きが制限されること)もしだいに緩みます。

全身の血流がよくなれば、脳の血流も増大します。それと同時に、自律神経系の運動神経を刺激することで、手足の動きもしだいによくなっていくと考えられるのです。

 

 

「ペポカボチャ種子エキス」のおかげでトイレをほとんど意識せずに行動できる

◇我が家のペットも尿トラブルを回避できた

ペポカボチャ種子エキスの作用機序としては、以下のことが予想されます。

①骨盤底筋の筋力を強化し、尿道の締まりをよくする。

②血行を促進することで、膀胱の働きを正常化する。

③膀胱の炎症を抑える。

これら三つの作用によって、尿トラブルが改善すると考えられています。

作用はペポカボチャの果肉ではなく、種子にのみあります。しかも、効果が期待できるのはペポカボチャの種子だけです。

日本でペポカボチャを手に入れるのは難しいのですが、幸いサプリメントが簡単に人手できます。種子から有効成分だけを抽出したサプリメントなら、効率的に有効成分を取ることができるでしょう。

 

 

実は、現在56歳のジャーナリスト、加藤和子さんも、尿意切迫感を持つ一人でした。自宅を出る前にトイレ、駅でトイレ、下車したらすぐにトイレ、現地でトイレという感じで、常にトイレを探していました。

しかし、ペポカポチヤ種子エキスを飲み始めてからは、トイレをほとんど意識せずに行動できるので、本当に助かっています。

加藤さんの16歳になる犬にも飲ませてみました。16歳といえば、人間でいえば80歳くらいです。そのため、ポタポタリと床におしっこを垂らして歩くようになっていました。

そこでペポカボチャ種子エキスのサプリメントを1日1粒、エサに混ぜて食べさせたところ、2~3日でポタポタが止まりました。1年近くたった今も、おかげで紙パンツの必要もありません。

よいものに出合えば、生活の質を下げることなく快適に暮らしていくことができることを実感しています。

◇ドクター マリアン・ベルブルゲンさんの解説

ペポカボチャは多くの研究機関で研究されています。最近では、種子に含まれる親水性成分「リグナン」に薬理活性があることがわかりました。

リグナンは、女性ホルモンのエストロゲンと同様の働きをする植物エストロゲンの一種です。このリグナンが作用することで、ホルモンバランスが整えられます。

同時に、アロマターゼという酵素(代謝促進物質)を阻害して、テストステロンの分泌を高めます。テストステロンは男性ホルモンの一種で、筋肉機能の改善や、筋肉を形成するときに必要です。これらの作用で、膀胱周辺の筋肉や、骨盤底筋の機能が強化され、排尿の調節機能が改善されるのです。

→尿トラブルの対処法として「ペポカボチャ種子エキス」のサプリメントが注目を集めています

 

 

尿トラブルの対処法として「ペポカボチャ種子エキス」のサプリメントが注目を集めています

◇頻尿も尿失禁も症状が軽減した

年齢が上がるにつれて、トイレに行く回数も増えてきたという人は多いものです。(財)日本公衆衛生協会の調査によると、60代以上ではなんと半数が、夜2回以上トイレに起きる「夜間頻尿者」だといいます。

寒い冬は夜中に寝床から出るだけでもつらいのに、何度も目が覚めてぐっすり眠れないのでは、疲れがたまるばかりです。

また、「尿もれ」に悩む人も多く、その9割以上が女性の高齢者だそうです。実際、50代や60代の女性たちから「クシャミをしたらもれてしまった」「下腹にちょっとカを入れただけでもれてしまった」という話をよく聞きます。外出先でもれてしまって、あわてて家に飛んで帰ったという人もいます。

女性に多い尿の悩みでは、急におしっこがしたくなり、我慢できずにもらしてしまうこともある「尿意切迫」も深刻です。

 

 

トイレに駆け込んでホッとしても、すぐにまた行きたくなるので、買い物や旅行も楽しめないという人も少なくありません。「頻尿」「尿もれ」「尿意切迫感」などの症状を示す病気が、「過活動膀胱」です。日本では患者数が810万に上ると推足されており、70歳以上の女性では3割以上の人がかかっている、ともいわれています。

尿トラブルの対処法として、病院の治療のほかに、「ペポカボチャ種子エキス」のサプリメントが注目を集めています。

アメリカの先住民が排尿障害の民間薬として使っていたものが、ヨーロッパに伝わり、研究が進んで、尿トラブルを改善する働きのあることが明ちかになってきたようです。ヨーロッパでは現在、女性の尿トラブルにペポカボチャ種子エキスを医薬品として使っています。

ペポカボチャは、普段よく日にする食用カボチャとは遠い、「薬用カボチャ」といわれる特別な種類のカボチャです。種子には、女性ホルモンと似た作用のある「リグナン」という成分が多く含まれています。

ドイツでは、767人の女性にペポカボチャ種子エキスを投与し、頻尿や尿失禁がどのように変化するかを調べた、大規模調査が行われています。

頻尿に関しては、最初に80%以上の人が症状を訴えていましたが、ペポカボチャ種子エキスを1週間投与すると60%弱に、2週間目には約20%に、3週間日には十数%に減りました。

一方、尿失禁については、最初は50%弱の人が症状を訴えていましたが、ペポカボチヤ種子エキスを1週間投与すると40%以下に、2週間目には20%以下に、3週間目には10%以下に減少していました。これにより、ペポカボチャ種子エキスの効果が証明されたのです。

→「ペポカボチャ種子エキス」のおかげでトイレをほとんど意識せずに行動できる