タグ別アーカイブ: なた豆

なた豆が注目されています

マメ科の一年草という種類において最大級の大きさを誇り、全長最大約70センチにも成長するなた豆。なた豆は、医食同源の考えが発達している中国において、人々の健康を維持する食材として料理などに用いられています。

日本においては江戸時代に伝わったとされ、「赤穂浪士が討ち入りの際に力をつけるために用いた」「篤姫が江戸に旅立つ武士に無事を祈って渡した」など諸説あり、古来より人々に福をもたらす〝縁起物″としても知られています。

そのなた豆が、近年、憂うつな悩みをスッキリさせてくれる驚きの力を持つ豆として、評判を呼んでいるのをご存知でしょうか。

例えば、厚生労働省の「平成15年保健福祉動向調査」に注目すると、日本の人口の実に約5人に1人以上が「寝付けない」「仕事・学業・家事に集中できない」など、日常生活にも影響を受けているそう。ところが、一般的には軽く見る向きもあるようで、自覚している人は驚くほど少ないと言われています。

そんな中、多くの人々に希望を与える可能性を秘めている豆として、「なた豆」が再評価されています。その可能性とは、このなた豆にしかない特有成分「カナバニン」にあります。なんとこのカナバニンを含んだなた豆は、昔から健康を維持する素材として重宝され、日々の憂うつな不安や悩みをスッキリぬぐい去る豆として使われていたというのです。

食への安心感が高まっている昨今、純国産の原料のみを厳選・使用しているマイケアのなたまめ茶は、憂うつな悩みを抱える人々から絶大な支持を受け、発売以来200万袋を突破。隅々までスッキリした健康な体を保つために、多くの方々に愛飲されている健康維持のお茶なのです。