タグ別アーカイブ: ストレス

「良いストレス」と「悪いストレス」

起こった変化をストレスと感じるか感じないかは、ストレスの 「1次評価」と呼ばれます。そこで、やはり運動は「嫌だなあ」と思ってしまえば、それはストレスです。そうなると、ストレスヘの対処方法を考えなくてはなりません。それを、ストレス・コービングと言いますコービングとは「うまく対処する」という意味で、そのために 「何ができるか」 考えることを「2次評価」と言います。

コービングには、主に2つの方法があります。気持ちを変えようとする「感情中心」 の方法と、原因となっている問題を解決しようとする「問題中心」の方法です。感情中心には、考えないようにする、気晴らしをする、誰かに気持ちを聞いてもらう、良い面を見つけようとするなどがあります。問題・中心では、問題解決のための情報収集、対策や計画を考えるなどがあります。

最終的には、問題を解決しないとストレスはなくならないことが多いのですが、まずは気持ちを落ち着かせることが必要なことから、感情中心の方法も大切です。しばらくして、前向きに考えられるようになってくれば、問題に取り組むことができたり、そもそも問題でなくなっているかもしれません。
コービングを柔軟に使い分けられることが必要です。

また、ストレスというと悪者扱いされやすいのですが、実際には「良いストレス」と「悪いストレス」があります。良いストレスとは、つらくても結果として乗り越えがいのあつた、「人を成長させるもの」です。悪いストレスは、「自分では乗り越えられないもの」で、長引くと健康にかかわります。

では、どうしたらいつも良いストレスにできるのでしょう。答えは、さまざまなコービングを試した結果が「どうだったか」を振り返ることです。それを「3次評価」と言います。ストレスがなくなったら忘れてしまうのではなく、そこでの成功や失敗を「教訓」に変えて、次につながる戦略として身につけることです。それはまた、結果として「ストレスを乗り越える自信」を持つことにもつながります。