タグ別アーカイブ: 理想

理想はどんなに高くてもいい

仕事でも、「この人と仕事をしたい」と思わせる人がいると思います。また未婚の方であれば、「こういう人と結婚したい」という切実な気持ちを持つこともあるでしょう。よく「あの人は理想が高い」という言い方をしますが、理想はいくら高くてもいいと思いますし、何も悪いことではないのです。高い理想を持っているということは、その人のなかに、理想に見合うだけの人になれる可能性があるということでもあるのです。

つまり、その人の中に相手に求めるような理想の要素があるので、理想として持てるわけです。もしも自分の中に可能性がなければ、理想として持つノことがないように私たちの心はできているのです。

40歳手前で結婚に焦っていた女性がいました。「私は今までずーつと結婚だけが夢だったんです。でも、もう結婚は無理だと思います」ということなのです。

「理想はどういう方なんですか?」とたずねますと、

「まず背が高くて年収がいくらあって、思いやりがあって、話題が豊富で、社会的にも地位が高くて、外見もいい人」と彼女は答えました。

そこで、私は彼女に質問をしたのです。「あなたの前に、もしもそういう方が来られたとして、その方があなたに声をかけ、あなたをデートに誘うと思いますか?」と。すると、

「そうですねえ、見る目があればきっと誘うでしょう」と言われました。「でも今まで出会った男性は、女性を見る目がなかったと思います」とのことでした。客観的な目で彼女を見ると、美人ではあるのですが、すごく暗い雰囲気を持っており、男性の方から声をかけられづらいという印象を受けました。でも本人はそこに気がついていないようでした。

そして、本人はすごく文句を言ってきました。「すごく世の中は不公平だ。私の同級生や友人は、私よりレベルが低くて顔も悪いのに、どんどん結婚していくんです。それなのに、どうして私ができないのかがわからない」と。

心の世界を知らないと、このようにしか考えられないかもしれません。ですから、「なんであの人が結婚できて私ができないのか」、そのような葛藤が生まれ、悩んでしまうのです。