タグ別アーカイブ: 野菜

F1種より在来種の野菜がおすすめ

私は一昨年から自分で畑を開墾し、野菜を育てているのですが、無肥料ですと、無農薬でもそこまで害虫が発生することはなく、野菜の味がとても素直でおいしいのです。しかも土の中で栄養分を探して根がどんどん伸びるので、肥料を与えるよりかえって栄養価が高くなることも多いようです。

私の畑はまだまだですが、もっと土が整ってくると、フカフカになって根も伸びやすくなるそうです。無肥料歴40年の農家の畑では、小松菜の根が4mも伸びていることもあるとか。りんご農家の木村秋則さんのりんごは、肥料を与えていないのに、亜鉛が通常の20倍も含まれているそうです。安全性の面からも栄養の面からも、私はだんぜん無肥料野菜をオススメします。

もうひとつ、私がこだわっているのは「種」です。最近の野菜は、ほとんどが「F1種」という品種改良された一代交配種。画一的な形と味と収穫量で失敗が少ないのですが、この種からできた作物から種を取っても、次世代では性質がガタッとくずれてしまうので、毎年、種を種屋さんから買うことになります。

それに対して「在来種」は、農家が10年以上種取りを続けて、品種改良せずに命をつないできた種です。命の連続性のある種で、人工的な操作が加えられていないので、種取りをくり返すことによって、その畑の土に適応し、その畑ならではの味わい深い作物ができるようになるのです。私の畑でも、在来種の種から種取りをしています。

できるかぎり、無農薬・無肥料で在来種の野菜を食べるようにすると、体の中の野生がよみがえり、自然治癒力が高まる気がしています。

有機野菜より無肥料野菜がおすすめ

日本は湿気が多いせいか意外と農薬を多く使う国ですから、野菜は、残留農薬の心配をしなくていい「無農薬」のものを選ぶようにしています。野菜を生でバリバリ食べたいなら、なおのことですよね。

そのうえでさらに私は、有機野菜ではなく、できるだけ「無肥料」の野菜を選んでいます。

有機肥料も、植物性肥料を少量使う程度ならいいのですが、動物性の堆肥を使っている場合は、動物のエサが遺伝子組み換え飼料や除草剤がまかれた牧草だったり、抗生物質やホルモン剤が投与されていたりするので、糞そのものが汚染されている可能性が高いのです。

そして、これらの糞をよく熟成させずに、バイオで短期に発酵させた堆肥が増えているため、毒性が抜けないまま畑に使われていることもあります。

有機肥料、化学肥料に限らず、肥料をたくさん与えすぎた作物は「硝酸態窒素」が増えすぎて、これが体内でたんばく質と結びつくとニトロソアミンという発がん物質になってしまいます。

硝酸態窒素が多い野菜はやけに緑色が濃く、ちょっと苦味もあって、あまりおいしくありません。また、硝酸態窒素が多い作物には虫がつきやすく病気になりやすいので、農薬も多く必要になりますし、それでも無農薬で頑張れば、植物そのものが身を守るために有害物質をつくってしまうこともあります。

私は一昨年から自分で畑を開墾し、野菜を育てているのですが、無肥料ですと、無農薬でもそこまで害虫が発生することはなく、野菜の味がとても素直でおいしいのです。しかも土の中で栄養分を探して根がどんどん伸びるので、肥料を与えるよりかえって栄養価が高くなることも多いようです。